上司の引き止め

清潔な病院、施設で働きたいと願って、看護師求人を探す人も少なくありません。看護師の仕事に専念するために、寮つきの看護師求人を探すようでしたら、寮の費用について確認しておきましょう。看護師の転職を真剣に考えているという人は、転職をスムーズに行うために、単独で行動するよりも看護師転職支援サービスを利用してキャリアコンサルタントのサポートを受けることにした人もおられます。転職先の候補になっている病院や施設、医療機関の特徴や医療に関する見方をとらえておくなら、面接の時にもその病院の方針に沿った考えに自分も賛成していることを伝えれば、面接官の心に残すことができるでしょう。しかし、今働いている職場に退職の意思表示をする時に、思ってもいなかったような事態となる場合があります。それは、上司から強い引き止めをされるというケースです。こちらの退職の意思表示に対して、上司はあっさりと認めてくれないといった状況は、予想しておくようにしましょう。まず理解しておきたい点は、看護師が退職しても、その分の穴は埋まるようになっています。その穴を埋めるのが上司の務めでもあるので、退職後の責任を負う事柄について心配する必要はありません。上司が引き止めるのは、退職されては困るからなのです。上司が引き止めるために待遇を良くすると申し出るとしても、数年後には同じ不満が再発するのではないかと考えてみることは大切です。その場の感情で答えを出さないようにしましょう。

注目コンテンツ!!

banner 面接のシュミレート

記事を見る

banner 履歴書作成のポイント

記事を見る

banner 治験コーディネーターになる

記事を見る

Copyright(c) スムーズな転職を. All Rights Reserved.